鍋島陣屋跡

ナベシマジンヤアト
鍋島陣屋跡
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

歴史的建造物

長崎県 | 雲仙市

佐賀鍋島藩神代領領主・鍋島氏の、歴史ある佇まいを見せる鍋島陣屋跡。この鍋島陣屋跡を中心とした神代小路地区は、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、まるで時が止まったかのような美しい街並みが残されています。
 正面には元禄時代に建てられ、市指定文化財となっている長屋門と30mの石塀が堂々と立ち、周囲には清らかな水の流れる水路や、よく手入れされた生垣、趣のある家々などが散在しており、今も江戸情緒を味わうことができます。
 また、門をくぐった先にある枯山水様式の庭園は鶴亀城二の丸まで続いており、現在も庭園部の見学が可能。冬には緋寒桜(ヒカンザクラ)、春にはツツジと季節の花々が庭を華やかに彩ります。

基本情報

所在地 〒859-1303 長崎県雲仙市国見町神代丙103-1
TEL 0957-61-7778
問合せ先 雲仙市国見神代小路歴史文化公園 鍋島邸
〒859-1392 長崎県雲仙市国見町土黒甲1100
TEL 0957-61-7778
営業期間 開館時間
10:00〜17:00 入場は16:30まで
休館
月曜日
アクセス ・島原鉄道神代駅から徒歩で5分
料金 ・中学生 200 円

・高校生 200 円

・小学生 200 円

・130 円 身障者の方

・大人 300 円

見学・所要時間 60分
文化財 ・重要伝統的建造物群保存地区
 指定年:2005 年
建築年代1 現在のものは昭和2年

アクセスマップ

  • クチコミを見る(2 件)

  • 宿泊施設「みんなの満足度」「クチコミ」「ホテル満足度ランキング」は「旅行のクチコミ&比較サイト フォートラベルの提供によるものです。

周辺のスポット情報

  • Japan 2 Go