旧楠本正隆屋敷

キュウクスモトマサタカヤシキ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

歴史的建造物

長崎県 | 大村市

楠本正隆は、天保9年(1838年)城下の岩船に生まれ、藩主大村純熈(すみひろ)の側近として仕え、幕末の倒幕運動においても、大村藩三十七士の中心人物の一人として活躍しました。明治新政府では、行政官として長崎府判事、新潟県令、東京府知事などを歴任し、後に国会議員となり、衆議院議長を務めました。この屋敷は、正隆によって明治3年に建てられたもので、近世武家屋敷の形態を残し、ほぼ完全な形で残ります。このような屋敷は県内でも少なく、貴重な文化財ともいえます。現在では、屋敷と庭園が修復され、一般に公開されています。

基本情報

所在地 〒856-0834 長崎県大村市玖島2‐291-4
TEL 0957-52-9885
問合せ先 旧楠本正隆屋敷
〒856-0834 長崎県大村市玖島2‐291-4
TEL 0957-52-9885
ホームページ https://www.city.omura.nagasaki.jp/bunka/kyoiku/bunka/bunkazai/yukei/kyuukusumotomasataka.html
営業期間 営業
9:00〜17:00 通年
定休日
月曜日 月曜日(祝日の場合その翌日)・12月29日~1月3日
アクセス ・上小路バス停から徒歩で5分
料金 ・200 円 大人(高校生以上)200円 小中学生(小・中学生)100円

見学・所要時間 20分
文化財 ・登録有形文化財
駐車場 無料 10台

アクセスマップ

  • クチコミを見る(6 件)

  • 宿泊施設「みんなの満足度」「クチコミ」「ホテル満足度ランキング」は「旅行のクチコミ&比較サイト フォートラベルの提供によるものです。

周辺のスポット情報

  • Japan 2 Go