佐世保重工業(株)250トンクレーン

サセボジュウコウギョウカブシキガイシャニヒャクゴジュットンクレーン
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

歴史的建造物

長崎県 | 佐世保市

旧海軍工廠を引き継ぐ歴史ある造船所であり、地元での通称はSSK、正式名称は「佐世保重工業株式会社佐世保造船所」です。昭和37年10月、当時世界最大のタンカー「日章丸」もここで誕生しました。
主な業種は船舶、艦艇の建造および改造修理で、佐世保市に基地を持つ海上自衛隊やアメリカ海軍の艦隊の保守、修理なども手掛けています。
また、佐世保の各所から見える大きなハンマーヘッド型クレーン(ジャイアント・カンチレバー・クレーン)は、大正2年(1913年)に竣工されたもので、現在も現役で稼働しており、「佐世保重工業250トン起重機」として国登録有形文化財に指定されています。

基本情報

所在地 〒857-8501 長崎県佐世保市立神町1
問合せ先 佐世保観光情報センター
〒857-0863 長崎県佐世保市三浦町21-1JR佐世保駅
TEL 0956-24-1111
ホームページ https://www.sasebo99.com/spot/60989/
見学・所要時間 30分

アクセスマップ

周辺のスポット情報

  • Japan 2 Go