豊前神楽

ブゼンカグラ
豊前市の岩戸神楽
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

福岡県 | 豊前市

2016年春に国の重要無形民俗文化財に指定された『豊前神楽』は、現在6つの神楽講(保存会)により伝承されています。 演目は俗に「豊前岩戸三十番」と言われるように多様な演目があり、中でも「駈仙(駈先)」(みさき)という鬼が登場する演目は、豊前神楽を象徴する神楽の演目です。鬼は力の象徴であり、その鬼を鎮めることで、五穀豊穣、家内安全、国家安寧を祈願したと言われています。また、豊前修験道の影響が色濃く反映されている「湯立て神楽」は、高さ10m余の柱に鬼が登るという全国的にも例のない大掛かりでアクロバティックな演目であり、見る者を圧倒します。

基本情報

所在地 福岡県豊前市内一円
問合せ先 豊前市役所 生涯学習課
〒828-8501 福岡県豊前市大字吉木955
TEL 0979-82-1111
FAX 0979-82-5240
ホームページ http://www.city.buzen.fukuoka.jp/
営業期間 開催
9月〜12月
見学・所要時間 60分
文化財 ・都道府県指定重要無形民俗文化財
保存者 市内6つの神楽講
開催地 市内の神社
約50ケ所
  • 旅行のクチコミサイト フォートラベル
  • Japan 2 Go
  • Japan 2 Go
  • Japan 2 Go