萬安港旧灯台

バンアンコウキュウトウダイ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

歴史的建造物

愛媛県 | 伊予市

高さ622.1センチメートル、底辺幅235センチメートル、花崗岩(かこうがん)の石造の旧灯台である。五色浜公園の北端、現在の伊予港に面して建っている。明治2年(1869年)、郡中港の防波堤の修築にあわせて、約70メートルの石垣の先端に、それまで木造であった灯台を石造に改築したものである。大正元年(1911年)に現在地へ移築された。
築造した石には碑文が刻まれている。世話方・寄付者の名と「港口改築之為移転築台 大正元年十月廿五日 町長藤谷豊城」「石工今岡仲次郎」の名が記されているほか、海流が激しいため出入りの船が夜間大変難儀したが、この灯台が毎夜灯光を放ってくれるので破船の恐れがなくなったこと、昔は木造であったものを熊野芳雄(くまのよしお)が有志と相談して石造にしたことなどが刻まれている。
簡素ではあるが、明治初期からの近代建築の雰囲気を感じさせる建造物である。

基本情報

所在地 〒799-3114 愛媛県伊予市灘町
ホームページ http://www.city.iyo.lg.jp/shisetsu/shisetsu/bunka/bunka-079.html

アクセスマップ

周辺のスポット情報

  • Japan 2 Go