辨天娘・なら漬け

ベンテンムスメナラヅケ
辨天娘・なら漬け
画像提供元:若桜町
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

特産物(味覚)

鳥取県 | 八頭郡若桜町

冷やで飲むのが一般的と思われがちな日本酒ですが、それは近年のこと。1970年代頃までは晩酌の席では燗のお酒も親しまれていました。温かいご飯の方が美味しいように、酒も燗すると米の旨味を引き出します。当蔵の日本酒・辨天娘は、酒米から水、製造者まで、全てが地元産。酒質を第一に考え、すべての仕込みで蒸し米は自然放冷、もろみは袋搾り(木槽)を行い、”燗して尚良く”なる純米酒を目指しています。

なら漬は、野菜を何度も新しい酒粕に漬け替えてできるお漬物です。作られるようになったのは700年代。当時は上流階級の人たちのみが食す高級な保存食でした。江戸時代の初期には、奈良の漢方医が「奈良漬」として売りはじめ、幕府に献上されるようにもなりました。その後、旅人が広めたりしたことにより、今では庶民にも愛される香の物となっています。
太田酒造場のなら漬は、若桜町の氷ノ山の麓で契約栽培により作られた新鮮な大根が材料です。長期熟成した酒粕を使って漬け上げた、手作りの大根なら漬。酒蔵の中で2年に渡る歳月をかけ、7回に及ぶ漬け替えで育まれた風味は、まろやかでコクがあり、皆様のお手元に自信をもってお届けいたします。


基本情報

所在地 鳥取県八頭郡若桜町
問合せ先 有限会社太田酒造場
〒680-0701 鳥取県八頭郡若桜町若桜1223の2
TEL 0858-82-0611
FAX 0858-82-0612
ホームページ https://www.bentenmusume.com/
メールアドレス sake@bentenmusume.com
営業期間 営業時間
09:00〜18:00
定休日
不定休
時期 通年
産物名 なら漬け
産物名 日本酒
  • Japan 2 Go