根来の子守唄

ネゴロノコモリウタ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

和歌山県 | 岩出市

「ねんね根来の覚ばん山でとしょうじ来いよの鳩が鳴く」哀調を帯びた根来の子守唄である。としょうじ、とは秀吉の根来攻めの時、末寺だった山東の東照寺に援軍を求めたさまを唄ったものといわれている。また“ねんね根来へ行きたいけれど川がおとろし紀の川が”は、結局、紀ノ川の水流にはばまれて援軍が来られなかったことを意味しているのだろう。子守唄といえば平和の象徴のように思われているが、根来の小守唄は秀吉の焼き打ちといういわば戦争がテーマになっている。それだけ、この地方の人たちにとって、根来攻めが大きなショックだったといえるのではないだろうか。

基本情報

所在地 〒649-6202 和歌山県岩出市根来
問合せ先 岩出市役所
〒649-6292 和歌山県岩出市西野209
TEL 0736-62-2141
FAX 0736-63-0075
保存者 根来の子守唄保存会
時期 不定
  • 旅行のクチコミサイト フォートラベル
  • Japan 2 Go
  • Japan 2 Go