戯瓢踊

ケホンオドリ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

和歌山県 | 御坊市

県指定無形民俗文化財。けほん踊は、室町時代末に始まった念仏踊の一種で、小竹八幡神社の秋祭り(御坊祭り)に奉納される。初代徳川頼宣公がこの素朴な踊りを愛され、九代治貞公の四恩状を踊りの前に朗読する。神仏習合の遺風を伝えたものとして高く評価されている。

基本情報

所在地 和歌山県御坊市
TEL 0738-23-5531
御坊市商工振興課
問合せ先 〒 和歌山県御坊市
TEL 0738-23-5531
御坊市商工振興課
ホームページ http://www16.ocn.ne.jp/~kehon/
文化財 ・都道府県指定重要無形民俗文化財
 指定年:1955 年
保存者 戯瓢踊保存会
時期 10月4・5日
  • 旅行のクチコミサイト フォートラベル
  • Japan 2 Go
  • Japan 2 Go