田中本陣

タナカホンジン
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

歴史的建造物

大阪府 | 泉大津市

田中家は、清和源氏の系統で、新田氏と同族関係にあると伝えられ、室町末期の元亀年間(1570~73年)に田中遠江守重景が助松村に移住したのが初めとされています。江戸時代には大庄屋を勤め、徳川頼宣公が紀州に封じられてからは、紀伊徳川家の指定小休所として本陣を承っていました。

屋敷は、旧紀州街道沿いにあって、1町(約110m)四方の大きさで、江戸時代の豪農であったことがうかがわれます。

何度か改造されていますが、全体的に江戸時代前期の規模や形式をよく残しています。庭は、大和小泉藩家老職で、石州流茶人として知られている藤林宗源の作で、片桐且元遺愛の石灯ろうもそのとき宗源より贈られたものです。

基本情報

所在地 〒595-0071 大阪府泉大津市助松町2
ホームページ https://www.city.izumiotsu.lg.jp/kakuka/koushitsu/hishokoho/tantougyoumu/shinainomeishokyuuseki/tanakahonnjinn.html
営業期間 その他
※一般非公開
アクセス ・南海本線「北助松駅」より徒歩10分

アクセスマップ

周辺のスポット情報

  • Japan 2 Go