久間田弁天踊り

クマダベンテンオドリ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

三重県 | 鈴鹿市

昔から青年団員が揃いのハッピに紺のもも引き,黄色の手拭いの鉢巻きといういでたちで,昼過ぎに勢揃いし,胴の長さ73センチ,直径63センチという大太鼓を首にかけ,横笛とホラ貝に合わせて,勇壮活発な踊りを踊る,にぎやかな夏祭りである。 弁天踊りは、昔地元にある弁天池の飲料水や灌漑水に利用されるのを祝い、始められたとされる。久間田神社の弁財天の雨乞いの踊りとして、江戸中期より大太鼓を首にかけ、激しく勇壮に踊る。

基本情報

所在地 〒513-1123 三重県鈴鹿市下大久保町
保存者 久間田弁天踊り保存会
時期 7月中旬

アクセスマップ

周辺のスポット情報

  • Japan 2 Go