黒倉田楽

クログラデンガク
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

愛知県 | 北設楽郡設楽町

毎年2月第3日曜日に、設楽町平山の黒倉神社で行われます。黒倉神社は小鷹明神と称して、御神体に黄金の鷹の羽を祀ると伝えられていますが、田楽が行われるのは社殿脇に建てられた観音堂で、聖観音堂のほかにも七社が祀られていますが、観音様の祭りとして営まれます。
当日の午前中に準備を整え、午後からは子供たちと一緒に神社へ登ってきて、式次第27番が行われます。大祓や神歌など神事につづいて田遊びの行事22番が堂内で行われ、田打ちや田植えは子供が主役となって、田に見立てた太鼓を打ちながら囃して回ります。33番の惣田楽から前庭に出て、面の舞が行われます。「火の禰宜」「お女郎」「翁」の面につづいて三鬼の舞が登場します。三鬼の舞は花祭りの役鬼(山見鬼榊鬼、茂吉鬼)のように、一番鬼は反閇を踏み、三番目の茂吉鬼は、槌を持って舞います。笛の囃しや装束もたいへん似ています。

基本情報

所在地 〒441-2314 愛知県北設楽郡設楽町平山字釜ノ沢4番地黒倉神社
問合せ先 設楽町観光協会
〒441-2301 愛知県北設楽郡設楽町田口字辻前14
TEL 0536-62-1000
FAX 0536-62-1332
ホームページ https://www.kankoshitara.jp/
メールアドレス kankou-town.shitara@io.ocn.ne.jp
アクセス ・豊川ICから車で55分
見学・所要時間 120分
時期 毎年 2月第3日曜日
  • 旅行のクチコミサイト フォートラベル
  • Japan 2 Go
  • Japan 2 Go
  • Japan 2 Go
  • toretabi