親王囃子

シンノウバヤシ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

静岡県 | 静岡市清水区

江戸時代末期から、舎人親王慰霊祭典や、氏神祭の際、村人によって演じられてきた。多数の楽器を用いた神楽、お囃による伝統芸能である。内容は「七調目」と「ばか囃」のふたつの違った節があり、調子がのろいばか囃に比べ七調目は調子がよいため好まれて、より多く踊られている。踊り手は、ひょっとことおかめの面をつけ、扇子を手に踊り、基本はあるが、形にとらわれない即興の所作も歓迎され、大衆の中にうまれた芸能である。

基本情報

所在地 〒424-0303 静岡県静岡市清水区但沼町
問合せ先 静岡市文化財課
〒420-8602 静岡県静岡市葵区追手町5-1
TEL 054-221-1069
ホームページ http://www.shizuoka-bunkazai.jp/folk_culture/cat01/post_11.html
文化財 市指定無形民俗文化財
保存者 親王はやし保存会
時期 10月中旬
開催地 但沼製茶工場内特設会場
  • 旅行のクチコミサイト フォートラベル
  • Japan 2 Go
  • Japan 2 Go
  • Japan 2 Go