姫螢

ヒメボタル
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

行・祭事

岐阜県 | 大垣市

金生山山頂の残された自然豊かな森とその中に点在する岩巣公園に生息するヒメボタル、陸貝を郷土の宝として後世に伝えていくことを目的とした、「金生山姫螢観察会」を6月1日(土)、6月8日(土)に開催します。ヒメボタルは、山蛍とも呼ばれる陸棲のホタルで、体長9mm(雄)、7mm(雌)前後の小さなホタルが、深夜に鋭くフラッシュのように発光します。ヒメボタルの雌は後翅が退化し、飛ぶことができないため、棲息域が限られ、金生山はその貴重な棲息地として大垣市の天然記念物として保護されています。観察会当日は、金生山の四季をテーマに撮影を行っているフォトグラファーの篠田通弘氏による写真教室や、アルパ奏者の高木葉子氏によるコンサート、自然観察指導員の松本和芳氏によるヒメボタル・陸貝解説が行われます。写真教室、撮影には事前申込が必要〈注意事項〉・ヒメボタル棲息地保護のため、観察会以外の日時での夜間立ち入りは禁止されています。・ヒメボタル保護のため、虫よけスプレー、蚊取り線香、光量の多いライトの使用はお控えください。・撮影は、必ず事前申し込みのうえ、写真教室にご参加ください。・午後10時から午前1時30分までは車の通行はできません。午前1時30分より前にお帰りの方は麓に車を止めて来山ください。・ARPA(アルパ)コンサート、ヒメボタル観察への参加は事前申し込み不要です。・不明な点は事務局まで。ヒメボタル写真撮影:篠田通弘氏

基本情報

所在地 岐阜県大垣市赤坂町4610
問合せ先 事務局 明星輪寺
TEL 0584-71-0124
開催日・開催時間 営業
22:00~開催日以外
料金 ・観光保護協力金として 1人100円

  • 旅行のクチコミサイト フォートラベル
  • Japan 2 Go
  • Japan 2 Go
  • Japan 2 Go