七尾豊年太鼓

ナナオホウネンダイコ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

石川県 | 七尾市

今から700余年前,能登地方に大旱魃があり,雨を求める農民が三日三晩太鼓を打ち続けたところ大雨が降り,その年は豊年となったので,これを豊年太鼓と名づけた。雨乞いだけでなく喜びごとの時にも打ち鳴らす。打法には「大ばい」「小ばい」があり,これらは雨粒を表現する。特にこの大ばいのからだ全体を使う打法は雷神を現わす。

基本情報

所在地 石川県七尾市
問合せ先 七尾豊年太鼓保存会
〒926-8611 石川県七尾市袖ケ江町イ部25番地七尾市役所1
TEL 0767-53-8424
FAX 0767-52-2812
ホームページ http://www.city.nanao.lg.jp
アクセス ・JR七尾駅から徒歩で5分
保存者 七尾豊年太鼓保存会
時期 不定
  • Japan 2 Go