高岡古城公園(城跡)

タカオカコジョウコウエン
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

史跡

富山県 | 高岡市

慶長14年(1609)加賀前田家2代当主前田利長公が隠居城として築いたが、完成を見ぬうちに、一国一城令により廃城となった。縄張は、当時前田家の客将であった高山右近。そのためか他の城郭と異なって、本丸を、二の丸・明き丸・三の丸・鍛屋丸という名の曲輪が、縦に並んだ形で守備するという、風変わりな構築であったという。今、城址は広大な古城公園となっていて、外堀と石垣の一部が残っている。◎前田利長(1562-1614)名古屋市生れ。武将。利家の長子。織田信長に認められ、越中府中の城主、越中守山城主、また金沢城主となるも、富山城に隠居。慶長14年高岡城を築き、慶長19年没。

基本情報

所在地 〒933-0044 富山県高岡市古城1-1
問合せ先 古城公園管理事務所
〒933-0044 富山県高岡市古城1-9
TEL 0766-20-1563
アクセス ・高岡駅から徒歩で15分
見学・所要時間 60分
文化財 ・都道府県指定史跡
時代 1609
バリアフリー設備 障がい者用P ○
EV ○
車椅子対応EV ○
車椅子貸出 ○
車椅子対応スロープ ○
車椅子対応トイレ ○
盲導犬の受け入れ ○
オムツ交換台 ○

アクセスマップ

周辺のスポット情報

  • Japan 2 Go