本間家能舞台

ホンマケノウブタイ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

新潟県 | 佐渡市

明治18年に建立された本間家能舞台は、加茂湖のほとりの吾潟という地域にあります。
この舞台は音響用の甕(かめ)が床下に埋められてある本格的なもので、個人所有の能舞台としては全国でも珍しいものです。
本間家は佐渡宝生流の本拠として当代で18代目です。
佐渡能の中心的地位を保ってきた本間家の存在は、佐渡においての能の普及と庶民化に多大な影響を及ぼしました。
毎年7月の最終日曜には定例能が行われます。

基本情報

所在地 新潟県佐渡市吾潟丙987
問合せ先 本間家能舞台
TEL 0259-23-2888
営業期間
アクセス ・車で10分
・車で50分
・車で50分
料金 ・無料

その他 【県指定有形民俗文化財】 ●指定年月日:平成9年3月28日

アクセスマップ

周辺のスポット情報

  • Japan 2 Go