白根小唄

シロネコウタ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

新潟県 | 新潟市南区

昭和8年(1933)正月、白根町(当時)の依頼で、野口雨情(作詩)、中山晋平(作曲)が来町して、「白根小唄」と「白根凧音頭」を制作した。
この小唄と音頭の制作に要した費用は当時の金額で2,400円。その大部分は寄付によってまかなわれた。

基本情報

所在地 新潟県新潟市南区白根
問合せ先 南区役所地域課文化・スポーツ係
TEL 025-372-6604
営業期間
アクセス ・JR上越新幹線「燕三条駅」から車で20分●北越自動道「巻潟東IC」で20分
  • Japan 2 Go