横浜芝山漆器

ヨコハマシバヤマシッキ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

伝統工芸技術

神奈川県 | 横浜市金沢区

安永年間に今の千葉県で始まった芝山象嵌が、横浜開港後、海外から舞い込む注文に応じるために、職人が各地から大量に横浜に移住していく中で、明治時代に横浜芝山漆器として花開きました。大正、昭和と激動期に輸出を中心に栄えましたが、関東大震災や横浜大空襲による街の崩壊、職人たちの離散などで、残念ながら現在ではこの伝統技能の継承者も少なくなってしまいました。レリーフ状にはめこむ貝や象牙の細工が見事です。

基本情報

所在地 〒236-0004 神奈川県横浜市金沢区福浦1丁目
問合せ先 横浜芝山漆器研究会
〒236-0004 神奈川県横浜市金沢区福浦1-1-1横浜テクノタワー内
ホームページ http://shibayamashikki.com/
メールアドレス shibayamashikki@gmail.com
アクセス ・産業振興センター駅から徒歩で3分

アクセスマップ

周辺のスポット情報

  • Japan 2 Go