回向院(東京都荒川区)

エコウイン
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、フォーカスシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

神社・仏閣

東京都 | 荒川区

寛文7年(1667)に本所の回向院が牢死者や刑死者を供養するために、この地に回向院を開創しました。回向院には、安政の大獄で獄死した吉田松陰や橋本左内らの墓所があります。 また、杉田玄白や前野良沢らがここで刑死者の腑分けに立会い、それをきっかけに「解体新書」を翻訳したと言われています。これを記念して、本堂入口右手に「観臓記念碑」が建てられています。

基本情報

所在地 〒116-0003 東京都荒川区南千住5-33-13
TEL 03-3801-6962
問合せ先 回向院
〒116-0003 東京都荒川区南千住5-33-13
TEL 03-3801-6962
営業期間 休業
年中公開
アクセス ・南千住駅から徒歩で4分
料金 ・無料

見学・所要時間 30分
創建年代 寛文7年(1667年)

アクセスマップ

周辺のスポット情報