都電沿線のバラ

トデンエンセンノバラ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、フォーカスシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

植物

東京都 | 荒川区

三ノ輪橋(荒川区)から早稲田(新宿区)の区間12.2キロメートルを走る都電荒川線は、荒川区を4キロメートル(13駅)にわたって横切り、区内を東西に移動するのに最適な交通機関です。
 都電は、昭和30年代から急速に増えだした自動車や地下鉄網の発達などで、利用客が減少し、次々に路線が廃止されました。その中で、この荒川線だけが残った理由には、路線の大部分が専用軌道で、また沿線住民の熱心な存続要請があったことが挙げられています。平成19年5月には、昭和初期をイメージしたレトロ車両を導入し、三ノ輪橋停留場もレトロ調にリニューアルしました。
 花の時季(5月から6月中頃)には、荒川区内の都電沿線には区民の方々とともに育てた140種13,200株のバラが色とりどりに咲き乱れます。
 この都電沿線のバラは、社団法人日本観光協会が主催する「花の観光地づくり大賞」でみごと平成17年度『大賞』を受賞いたしました。

基本情報

所在地 〒116-0003 東京都荒川区南千住~西尾久間の都電沿線
問合せ先 荒川区観光振興課
TEL 03-3802-3111
(内)461
アクセス ・三ノ輪路面電車三ノ輪橋停留場から荒川車庫前までの沿線
植物 ・バラ
5月 〜 6月

アクセスマップ

周辺のスポット情報