大内沢の獅子舞

オオウチザワノシシマイ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

埼玉県 | 秩父郡東秩父村

村指定無形民俗文化財。昭和56年12月20日指定。後土御門天皇の頃(1464~1500 )、当地区に悪病が流行し、村人が困窮した時、龍頭を用いて氏神浅間神社に奉納、悪病退散、病気平癒を祈念したのが始まりといわれています。獅子舞の流儀は「ツシマ流」と伝えられており、獅子は牡獅子2頭、牝獅子1頭からなり、通称先獅子・中獅子・後獅子と呼ばれています。いずれもタッツケ袴を付け、ワラジ履きの山ザサラで、舞は7庭(しば)です。毎年10月16日の浅間神社の大祭に奉納されます。

基本情報

所在地 〒355-0371 埼玉県秩父郡東秩父村大内沢 浅間神社
問合せ先 東秩父村産業建設課
〒355-0393 埼玉県秩父郡東秩父村大字御堂634番地
TEL 0493-82-1223
保存者 恒木 勇
時期 11月第1日曜日
  • 旅行のクチコミサイト フォートラベル
  • Japan 2 Go
  • Japan 2 Go