太々神楽

ダイダイカグラ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

栃木県 | 大田原市

八龍神社の太久神楽は、京都より伝えられたといわれています。1821年(文政4年)2月に行われた座及び配役世話人名を記した文書によると、当時は近隣の神職だけの奉仕によって行われていたようです。現在は、羽田の氏子中の長男により、春の例大祭で三筒翁・花神楽・磐戸開などの13座が奉納されています。日本神話に残る「大蛇退治」や「天の岩戸」などの物語を舞にして演じています。当日は本殿での神事に続いて直会があり、その後太々神楽が奉納されます。五穀豊穣を願い、笛や太鼓の音色に合わせ伝統の舞を披露します。この太久神楽は大田原市の無形民俗文化財に指定されています。

基本情報

所在地 〒324-0002 栃木県大田原市羽田846
TEL 0287-23-3135
FAX 0287-23-3138
問合せ先 大田原市文化振興課
〒324-8641 栃木県大田原市黒羽田町848
TEL 0287-54-1110
FAX 0287-23-3138
ホームページ https://www.city.ohtawara.tochigi.jp/docs/2013082774354/
アクセス ・黒磯板室ICから車で30分
・JR西那須野駅からバスで70分大田原市営バス市内循環線「大田原市役所下車。大田原市営バス金田循環線「八龍神社前」下車
保存者 羽田太久神楽保存会
時期 3月28日以前の直近の日曜日

アクセスマップ

周辺のスポット情報

  • 旅行のクチコミサイト フォートラベル
  • Japan 2 Go
  • Japan 2 Go