干瓢音頭と踊り

カンピョウオンドトオドリ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

栃木県 | 下都賀郡壬生町

かんぴょう音頭は、詠みあげる歌と踊りになっており、歌は、かんぴょうが栃木県に入って来た由来や、庭先に干してある様、製品の販売先まで、うたいこまれている。踊りは、栃木音頭という、樽一つを使ったおはやしの踊りだったものを、音頭や手踊を改め、笠踊りに創作したものである。特別な装いはないが、浴衣とすげ笠姿、紙でつくった花をあしらった笠をたくみに操り、にぎやかに踊る。年に一度の夏の祭典「壬生町ふるさとまつり」にて自慢ののどを披露する。

基本情報

所在地 〒321-0221 栃木県下都賀郡壬生町藤井地区
問合せ先 壬生町観光協会
〒321-0292 栃木県下都賀郡壬生町通町12-22
TEL 0282-81-1844
FAX 0282-82-1107
ホームページ http://www.town.mibu.tochigi.jp/
メールアドレス keizai@town.mibu.tochigi.jp
保存者 干瓢音頭保存会
時期 不定
  • 旅行のクチコミサイト フォートラベル
  • Japan 2 Go
  • Japan 2 Go