会津本郷焼

アイヅホンゴウヤキ
画像提供元:福島県観光物産交流協会
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

伝統工芸技術

福島県 | 大沼郡会津美里町

会津本郷焼の起こりは古く、文禄二年(1593年)に城主蒲生氏郷が会津領主となり、若松城の大改修を行うに当たって、城郭の屋根を瓦葺きとするため播磨国(兵庫)から瓦工を招き、黒瓦を製造したのが始まりとされています。 その後、正保二年(1645年) 会津松平藩祖 保科正之が陶工を召し抱えて、本格的な陶器の製造が開始されました。陶器の生産は藩の支援を受けて益々発展し、しかも寛政12年(1800年)には白磁の製法も開発され、幕末にはわが町の陶業は目を見張るばかりに発展しました。

基本情報

所在地 〒969-6042 福島県大沼郡会津美里町瀬戸町通り周辺
問合せ先 会津本郷焼事業協同組合
〒969-6042 福島県大沼郡会津美里町字瀬戸町甲3162
TEL 0242-56-3007
FAX 0242-93-6035
予約 TEL 0242-56-3007
ホームページ http://misatono.jp/category/hongo
営業期間 公開
8:00〜17:00 ※窯元により異なる
休業
※窯元により異なる
アクセス ・JR只見線 会津本郷駅から徒歩で20分
・会津鉄道 南若松駅から車で10分
・磐越道 新鶴スマートICから車で20分ETC専用IC 近くに大型駐車場有
・JR会津若松駅からバスで35分本郷線「本郷インフォメーションセンター前」下車

アクセスマップ

周辺のスポット情報

  • Japan 2 Go