藤倉水源地

フジクラスイゲンチ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

歴史的建造物

秋田県 | 秋田市

藤倉水源地は、秋田市内への飲料水、防火用水供給のため、明治36年(1903)に建設が開始され、同40年(1907)に一部給水を開始、同44年(1911)に全施設が完成しました。以来、市民の水がめとして、約70年の間、秋田市民に清涼な飲料水を供給し続けました。
 しかし、その後の拡張工事で、給水のすべてが雄物川からまかなわれるようになったため、昭和48年に藤倉ダムは取水を停止しました。その後、市民からは長らく忘れられたような存在となっていましたが、平成5年8月17日、国の建造物の重要文化財「近代化遺産」に全国で初めて指定され、再び脚光を浴びることとなりました。
 さらに、平成29年度には給水開始110周年を迎えました。

基本情報

所在地 〒010-0823 秋田県秋田市山内地内
問合せ先 秋田市上下水道局総務課
〒010-0945 秋田県秋田市川尻みよし町14-8
TEL 018-823-8434
ホームページ https://www.city.akita.lg.jp/suido/jigyo-shokai/koho-event/1008334.html
メールアドレス ro-wtmn@city.akita.lg.jp
アクセス ・JR秋田駅西口から車で25分
・JR秋田駅西口からバスで35分仁別リゾート公園線で「釣りセンター前」下車
・釣りセンター前バス停から徒歩で10分
文化財 ・国指定重要文化財:近代化遺産
建築年代1 明治40年
駐車場 無料 10台

アクセスマップ

  • クチコミを見る(2 件)

  • 宿泊施設「みんなの満足度」「クチコミ」「ホテル満足度ランキング」は「旅行のクチコミ&比較サイト フォートラベルの提供によるものです。

周辺のスポット情報

  • Japan 2 Go