国指定重要文化財「旧朴舘家住宅」

クニシテイジュウヨウブンカザイ「キュウホオノキダテケジュウタク」
画像提供元:一戸町 商工観光課
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

歴史的建造物

岩手県 | 二戸郡一戸町

岩手県内最大級の茅葺き民家です。
県北部には「曲がり屋」ではなく「直屋(すごや)」が多く、朴舘家はその代表的なものであり、間口17間(30.120m)、奥行9間(16.368m)、内部に馬や牛を飼う「まや」が設けられています。
文久2年(1862)に建てられ、昭和初期までは山林750町歩、田畑20町歩を有する大地主で、常時10人前後の人が働き、付近には数軒の名子屋敷も存在しました。
国指定重要文化財及び岩手県指定有形文化財に登録されています。

基本情報

所在地 〒028-5221 岩手県二戸郡一戸町小鳥谷字朴舘20番地
問合せ先 一戸町教育委員会生涯学習課
〒028-5311 岩手県二戸郡一戸町高善寺字大川鉢24-9
TEL 0195-33-2111
FAX 0195-32-2001
ホームページ https://www.town.ichinohe.iwate.jp/kanko_bunka_sports/kanko_tokusan/6/2668.html
メールアドレス shogai@town.ichinohe.iwate.jp
アクセス ・IGRいわて銀河鉄道小鳥谷駅から徒歩で35分
・八戸自動車道一戸インターから車で12分
見学・所要時間 60分
文化財 ・国指定重要文化財
 作成年代:江戸時代  指定年:2011 年 11月

アクセスマップ

周辺のスポット情報

  • Japan 2 Go