南部切田神楽

ナンブキリダカグラ
南部切田神楽
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

青森県 | 十和田市

南部切田神楽は、十和田市の切田地区に伝承される神楽で青森県無
形民俗文化財第1号に指定されている青森県を代表する民俗芸能で
ある。9 月 15 日の切田八幡神社例大祭などにおいて演じられ、切田
八幡神社は、切田の産土土神であり、南部家の 13 世守行が糠部に下
向し、やがてこの地に土着すると同時に勧請されたとの伝承を持つ。
南部切田神楽は、江戸時代初期に出羽の羽黒修験者から伝承したも
のと伝えられ、その後、江戸時代末期に途絶えたので岩手小鳥谷の舞
太夫から 75 番の神楽を習って復活した。それが現在の舞と囃子の技
法という。

基本情報

所在地 〒034-0061 青森県十和田市切田
問合せ先 十和田市教育委員会スポーツ・生涯学習課 
〒034-0392 青森県十和田市大字奥瀬字中平70-3
TEL 0176-72-2313
FAX 0176-72-3123
文化財 青森県無形民俗文化財 第1号
 指定年:1956 年
文化財 ・記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財:選択
 指定年:2004 年
保存者 南部切田神楽会
時期 9月15日
  • Japan 2 Go