【2020年中止】「西宮神社例大祭(とがらしごぼう)

ニシノミヤジンジャレイタイサイトガラシゴボウ
とがらしごぼうを求めて並ぶ参拝客
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

行・祭事

千葉県 | 旭市

西宮神社は、応永2年(1395年)9月18日に摂津国(現在の兵庫県西宮市)の西宮神社総本社から、商業や漁業の守護神である「事代主神」(大国主命の子、通称「えびす様」)を勧請し、この地の産土神として祀ったのが始まりと伝えられています。春の大祭に氏子や崇敬者に販売される「とがらしごぼう」という食べ物は、「事代主神」のように常に笑顔と忍耐を忘れないでいれば、仕事も家庭も上手くいくと言われています。ひいては世の中も明るくすることができるという教え、つまり「怒って(とがって)はならない」という教えの言葉にちなんだ、味噌や牛蒡、唐辛子を使った食品です。

基本情報

所在地 〒289-2516 千葉県旭市ロの1381-1
問合せ先 旭市商工観光課
TEL 0479-62-5338
開催日・開催時間 開催
2021年1月18日 毎年同日※コロナウイルス感染症拡大防止のため変更となる場合があります。
アクセス ・JR旭駅から徒歩で10分
・銚子連絡道横芝光ICから車で30分国道126号経由
・東関道大栄ICから車で40分県道70号経由
開催地 西宮神社境内

アクセスマップ

周辺のスポット情報