正峰山妙興寺

ショウホウザンミョウコウジ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、フォーカスシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

神社・仏閣

千葉県 | 香取郡多古町

『歴史の重さを感じさせる名刹、峰の寺』寺域に本堂、山門、鐘楼などが建ち並び歴史の重さを感じさせる名刹、正峰山妙興寺。日蓮上人の直弟子、中老日辨によって正安2年(1300)年に創建されました。二世日忍の時に現在の峰の地に移り、山号を正峰山と改めて以降、通称「峯の寺」と呼ばれています。威風堂々たる構えの山門は明和2年(1765)、三世日精の代に建てられ、多古藩主の定紋が附されています。寺には、弘安2年(1279)に日辨に与えた日蓮直筆の曼陀羅、立正安国論草稿のほか、日辨御持扇地紙、日祐・日尊・日親の曼陀羅、正木大膳時茂、原胤栄の制札など、多数の寺宝が所蔵されています。また寺内には、多古藩主久松氏の墓地、演劇で有名な「鏡山おはつ」のモデルとされる忠婢さつの墓があります。

基本情報

所在地 〒289-2257 千葉県香取郡多古町南中344番地2
TEL 0479-76-2920
問合せ先 多古町生涯学習課
〒289-2292 千葉県香取郡多古町多古584
TEL 0479-76-7811
アクセス ・成田駅からバスで45分八日市場行 南中下車 徒歩10分
・芝山千代田駅からバスで25分山倉行 中村小下車 徒歩3分
見学・所要時間 30分

アクセスマップ

周辺のスポット情報