福星寺のしだれ桜

フクショウジノシダレザクラ
しだれ桜と福星寺
画像提供元:四街道市産業振興課
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

その他名所

千葉県 | 四街道市

福星寺しだれ桜は、江戸幕府樹立後の元和元年(1615年)11月に、徳川家康公が江戸から東金方面に鷹狩りに来たおり、御成街道沿いの金光院(福星寺の親寺)へ宿泊のため立寄りました。本堂の前のしだれ桜を見て「これは珍しい桜だ」といわれことのほか讃られしばしの間この桜の木に手をかけられたことから檀家の人達は「お手かけの桜」と呼ぶようになったといわれています。縁起をかついだ福星寺は金光院のしだれ桜を株分けして頂き、創建を記念して本堂の前に植えられたとのことです。このしだれ桜は樹齢約380年余りで目通り周囲3.3メートル、樹高14メートルで素晴らしい花を咲かせます。3月中・下旬の観桜時期に入ると近隣から多くの見物客が訪れ賑わいます。また四方を土塁と空堀に囲まれた下総国守護大名千葉氏に関連する中世の城址でもあります。福星寺は元和2年(1616年)に權僧都宥照によって開山されました。

基本情報

所在地 〒284-0032 千葉県四街道市吉岡898福星寺
問合せ先 四街道市環境経済部産業振興課
〒284-8555 千葉県四街道市〒284-8555 千葉県四街道市鹿渡無番地
TEL 043-421-6134
FAX 043-424-2013
ホームページ http://www.city.yotsukaido.chiba.jp/
営業期間 見学
春 見頃3月下旬~ 見学無料・ライトアップなし 宴会不可
アクセス ・JR四街道駅バス千葉内陸バス「千城台駅行き」福星寺入口下車
・モノレール千城台駅バス千葉内陸バス「みそら団地行き」福星寺入口下車
植物 ・サクラ
 作成年代:江戸時代
宗派 ・真言宗:豊山派
 作成年代:江戸時代

アクセスマップ

周辺のスポット情報