大戸見の神楽

オオトミノカグラ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

千葉県 | 君津市

君津市の大戸見にある稲荷神社の祭礼に、神楽殿で奉納されます。 この神楽は林治流儀といわれ、2人立ちの獅子を中心に、笛2人、大太鼓1人、小太鼓2人、すり鉦2人で構成されます。神楽の舞は、1人で歩けない幼児期を表現する「おのう」、「前かがり」に始まり、踊り手が幣(へい)を持って舞う「おん幣の舞」、そして「鈴の舞」、更には少年期を表現するという「くるい」、最後に「おくり」を演じて終わります。 大戸見の神楽は、楽が進むにつれて人が段々成長しているものだといわれています。また、囃子には「ばかばやし」「ごばやし」「ぎりんばやし」「あまだれ」が伝承されています。

基本情報

所在地 〒292-0512 千葉県君津市大戸見3328
問合せ先 君津市経済振興課
〒299-1192 千葉県君津市久保2-13-1
TEL 0439-56-1325
FAX 0439-56-1314
営業期間 開催
2020年8月1日
保存者 大戸見の神楽保存会
時期 8月第1土曜日

アクセスマップ

周辺のスポット情報