旧大沢家住宅

キュウオオサワケジュウタク
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

歴史的建造物

千葉県 | 習志野市

旧大沢家は、寛文4年(1664)に建築された東日本最古級の古民家です。江戸時代に上総国長柄郡宮成村(現長生村)の名主をつとめた大沢家の住宅を、昭和51年に建築当初の姿で現地に移築復原し、一般公開しています。
昭和50年に千葉県指定有形文化財に指定されました。
この住宅は、開口部が少なく「デイ(出居)」の戸口が格子窓と壁だけで構成されていること、床の間がなく、大黒柱が使われていないことなど、江戸時代中期までの房総民家の建築様式を今に伝えてます。

基本情報

所在地 〒275-0017 千葉県習志野市藤崎1-14-43(藤崎森林公園内)
問合せ先 習志野市役所 社会教育課
〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2-1-1
TEL 047-451-1151
内線462
ホームページ http://www.city.narashino.lg.jp/shisetu/koenshiseki/kyuosawake.html
営業期間 開館時間
9:30〜16:30 ※11月~3月は16時00分閉館
休館日
・毎週月曜日(休日の場合は翌平日) ・毎月第2金曜日(休日の場合は前日) ・年末年始(12月29日~1月4日)
アクセス ・京成津田沼駅から徒歩で20分

アクセスマップ

周辺のスポット情報