掩体壕

エンタイゴウ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

歴史的建造物

千葉県 | 茂原市

掩体壕は太平洋戦争中に作られた施設で、敵機の攻撃から飛行機を隠し、守るためのものです。大型のものでは面積365平方メートル、高さ6.7メートルあります。近辺に10基残る掩体壕のうち、写真の掩体壕は茂原市で保存・管理しているものです。

基本情報

所在地 〒297-0005 千葉県茂原市本小轡1108-1
問合せ先 茂原市役所教育委員会生涯学習課
〒297-8511 千葉県茂原市道表1
TEL 0475-20-1559
FAX 0475-20-1607
ホームページ http://www.city.mobara.chiba.jp/
メールアドレス gakusyu@city.mobara.chiba.jp
アクセス ・圏央道茂原北ICから車で20分
見学・所要時間 10分
文化財
 作成年代:昭和時代

アクセスマップ

周辺のスポット情報