バッパカ獅子舞

バッパカシシマイ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

千葉県 | 野田市

野田のばっぱか獅子舞は、八幡(はちまん)神社の境内で行われます。獅子舞、棒術、居合術の三つの要素からなり、古くは「子ササラ舞」とも呼ばれていました。獅子が腹につけた太鼓を打ち鳴らす音が「バッパカ、バッパカ」と聞こえるところから、この名称になったといわれています。演じられる居合術と棒術は、四方を清め悪魔を退散させる意味があります。最後に演じる獅子舞は、雄獅子、中獅子、雌獅子によって行われます。昭和41年(1966年)12月20日に千葉県の無形民俗文化財に指定されました。

基本情報

所在地 〒278-0043 千葉県野田市清水669 八幡神社
問合せ先 野田市生涯学習課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7-1.
TEL 04-7125-1111
ホームページ http://www.city.noda.chiba.jp/syoukai/bunkazai/bappakasisimai.html
営業期間
アクセス ・東武野田線(東武アーバンパークライン)愛宕駅から徒歩で15分2.5Km
見学・所要時間 60分
文化財 県無形文化財
保存者 杉崎安夫
時期 7月24日

アクセスマップ

周辺のスポット情報