えごま油

エゴマアブラ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

特産物(味覚)

青森県 | 上北郡おいらせ町

えごま(荏胡麻)は一年生のシソ科植物で、東アジアなどで食べ物として栽培されている植物です。ごまの仲間とよく間違われますが、実はシソと学名が同じ植物です。東北では「じゅうねん」と呼ばれ、今は高冷地を中心に作られている雑穀です。食べ方がごまとよく似ていますが、えごまの成分・効能はごまとは全く違い、えごまにはアルファ・リノレン酸という健康によい油が60%以上も含まれ、これを搾油して商品化しました。
 アルファ・リノレン酸とは人間が生きていく上で欠かせない油(必須脂肪酸)であり、心血管疾患の初期予防への有効性が期待されている脂肪酸です。また、良質な油は代謝を助けるとも言われており、現在注目の食用油です。

基本情報

所在地 青森県上北郡おいらせ町
問合せ先 青森エゴマの会
〒039-2125 青森県上北郡おいらせ町三本木111-8
TEL 0178-56-3501
代表(松林)
ホームページ http://www.town.oirase.aomori.jp/