一里塚(一対二基)池ノ平

イチリヅカ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

史跡

青森県 | 十和田市

一里塚とは江戸時代、全国の主要街道沿いの一里(約四km)ごとに
築かれた塚である。道をはさんで2基の塚が築かれていることが一般
的で、距離の表示や各種駄賃(運賃や報酬)の目安の役割を果たした
ほか、旅人達の休息の場ともなったとされている。
池ノ平の一里塚は、東側の塚が直径 11.5m、高さ 3.6m、西側の塚
が直接が直径 13.2m、高さ 3.4mあり、一部が破壊をうけているもの
の、一里塚本来の姿が良く保存されていることから、1961(昭和 36)
年に県の史跡に指定された。
築造年代については諸説あるが、工藤正六家文書に「承応元年 7 月
26 日より 8 月 10 日、七戸川去・豊間内間一里塚築造、奉行工藤重助
祐道」(七戸町史2所収)とあり、1652(承応元)年とする考え方が
示されている。
十和田市内の旧奥州街道沿いには、当一里塚のほかに真登地、一本
木(相坂)、伝法寺にも一里塚が現存しており、往時の奥州街道の様
子を偲ぶことができる。

基本情報

所在地 〒034-0102 青森県十和田市大沢田字池ノ平
問合せ先 十和田市教育委員会スポーツ・生涯学習課
〒034-0301 青森県十和田市奥瀬字中平70-3
TEL 0176-72-2313
FAX 0176-72-3123
ホームページ http://www.city.towada.lg.jp/docs/2012070900010/
文化財 ・都道府県指定史跡:県指定文化財
 作成年代:江戸時代  指定年:1961 年

アクセスマップ

周辺のスポット情報