大宝排水機場保存館

オオダカラハイスイキジョウホゾンカン
大宝排水機場保存館
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

その他名所

愛知県 | 海部郡飛島村

大宝家10代目の大宝 陣が、各地の状況をつぶさに視察して、当時の最先端をいく排水機場(ドイツ製大型渦巻ポンプを輸入し設置)の建設を企図、基礎工事は工学士青木良三郎、機関部は工学博士川上新太郎が担当し、明治39年初夏に完成させた。石炭を燃料とする蒸気機関によって駆動されていたが、昭和17
(1942)に電動機に切り替えられた。れんが造りの高い煙突は、東南海地震(昭和19年)により倒壊した。

基本情報

所在地 愛知県海部郡飛島村大宝六丁目85番地
問合せ先 飛島村 生涯教育課
〒490-1436 愛知県海部郡飛島村竹之郷三丁目1番地
TEL 0567-52-3351
月曜日はお休みです
FAX 0567-52-2155
アクセス ・近鉄蟹江駅からバスで17分
・「飛島」下車から徒歩で15分

アクセスマップ

周辺のスポット情報