【中止】射放弓(八幡社・神明社)

シャホウキュウ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

行・祭事

愛知県 | 高浜市

秋の祭礼に行う「お弓奉納の儀」。約360年もの歴史を誇るお祭りです。
裃に大小の刀を差した武者姿の若者が、厳しい作法にのっとり、東西へ白羽の矢を放ちます。放たれた矢は、見学者が争うように拾い、破魔矢として家に飾る風習があります。
射放弓は、万治2年吉見喜左衛門尉源経孝という人物が射放弓のお墨付きを下したことから始まりました。村の安泰と災厄除去を願って、斉戒沐浴をした若者が神前で射放つ白羽の矢は昔から魔よけの矢として競って拾い家に飾っています。
昭和50年12月に高浜市無形文化財に認定されました。

基本情報

所在地 〒444-1335 愛知県高浜市芳川町
問合せ先 高浜市こども未来部 文化スポーツグループ
〒444-1334 愛知県高浜市春日町5-165
TEL 0566-52-1111
FAX 0566-52-1110
開催日・開催時間 開催
2020年10月10日〜2020年10月11日 10月第2土日曜日 予定
アクセス ・吉浜駅から徒歩で10分
料金 ・無料

見学・所要時間 60分
文化財 ・市町村指定重要無形民俗文化財 
開催地 (1)八幡社、(2)神明社
観覧者数(年間) 5千人

アクセスマップ

周辺のスポット情報