【2021年中止】春の山車祭り(下半田地区)

ハルノダシマツリ(シモハンダチク)
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

行・祭事

愛知県 | 半田市

業葉神社の祭礼には、北組唐子車、中組祝鳩車、東組山王車、南組護王車の4輌が曳かれます。神楽の朝、業葉神社に曳き出されたそれぞれの山車は、神事終了後、各町内を曳き廻され、夕方、一旦神社境内に集合して夜を待ちます。宵の7時頃になると各組の山車は、上山を高く掲げ提灯をともします。その数は、1輌につき約200個(本来は365個)といわれ、まるで山車が闇の世界に蘇ったようになります。点灯が終わると北組の三番叟、中組は糸からくり人形による太平楽の舞、東組は糸からくり人形による采振り、南組は糸からくり人形による巫女舞を奉納し、再び夜の町内に曳き出されます。 山車には立川常蔵や新美常次郎の彫刻が施され、水引の下絵は松村景文や池上秀畝らの手によるものです。

基本情報

所在地 〒475-0878 愛知県半田市東本町2丁目
問合せ先 半田市観光協会
TEL 0569-32-3264
ホームページ http://dashimatsuri.jp/matsuri/shimohanda.html
開催日・開催時間 開催
2021年4月17日〜2021年4月18日日曜日、土曜日 新型コロナウイルス感染症の影響により、神事のみ行う
アクセス ・JR武豊線「半田駅」から徒歩で3分
・名鉄河和線「知多半田駅」から徒歩で7分
・知多半島道路半田中央インターから車で15分
文化財 ・市町村指定重要有形民俗文化財:北組 唐子車(からこぐるま)、中組 祝鳩車(しゅくきゅうしゃ)、東組 山王車(さんのうしゃ)、南組 護王車(ごおうしゃ)
 指定年:1979 年 5月
開催地 下半田地区
業葉神社、山ノ神社他

アクセスマップ

周辺のスポット情報