周防祖生の柱松

スオウソオノハシラマツ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

行・祭事

山口県|岩国市

牛馬安全の祈願を由来とする「周防祖生の柱松」は、祖生の中村・落合・山田の三地区で古来の習俗のまま継承されています。平成元年には国の重要無形民俗文化財に指定されました。柱松は、高さ20メートル前後の胴木の先に、はぎのこ・かんなくずなどを入れた円すい形の鉢をのせ、三方に大縄を張って立て据えます。神事のあと、いくつもの松明がその鉢をめがけて投げあげられ、点火・炎上させ、燃える柱松が夏の夜空を焦がすさまは、息を呑むほど美しく圧巻です。

基本情報

所在地 〒742-0301 山口県岩国市周東町祖生
問合せ先 祖生柱松保存会
〒742-0301 山口県岩国市周東町祖生
TEL 0827-85-0605

営業期間 開催
2019年8月15日木曜日 20:00〜21:00 中村地区
2019年8月19日月曜日 20:00〜21:00 山田地区
2019年8月23日金曜日 20:00〜21:00 落合地区

アクセス ・JR玖珂駅からバスで10分

文化財 国指定重要民俗文化財(無形)

開催地 中村地区:祖生グラウンド、山田地区:山田柱松継承の地、落合地区:落合橋周辺

周辺のスポット情報