新庄亀綾織

シンジョウカメアヤオリ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

伝統工芸技術

山形県|新庄市

 新庄藩9代藩主戸沢正胤が文政13(1830)年に技術者を招き、藩の特産品として奨励したのが始まり。明治末期に生産が途絶え”幻の織物”と呼ばれていた。織り目の模様が20数種類もあり、織り上げてから染色するため、しっとりした風合いと光沢が特徴で気品のある色が美しい織物である。

基本情報

所在地 〒996-0091 山形県新庄市十日町1509-2
TEL 0233-22-0025
問合せ先 新庄亀綾織伝承協会
〒996-0091 山形県新庄市十日町1509-2
TEL 0233-22-0025
FAX 0233-22-0025

営業期間 営業
10:00〜17:00
定休日
水曜日 年末年始

アクセス ・新庄駅から車で10分

管理者 新庄亀綾織伝承協会

周辺のスポット情報