鶴芝の碑

ツルシバノヒ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

その他名所

静岡県|富士市

ここから富士山を眺めると、山腹に一羽の鶴が舞うように見える部分があるため鶴芝といわれた。京の画家蘆州が鶴を描き、江戸の儒者亀田鵬齋が賛を寄せたものを、文政3年(1820)に土地の人々が碑として、間の宿本市場に建てた。

基本情報

所在地 〒416-0906 静岡県富士市本市場429-1フィランセ西側
問合せ先 富士市文化振興課
〒417-8601 静岡県富士市永田町1-100
TEL 0545-55-2875
FAX 0545-53-0789

営業期間 その他
自由

アクセス ・富士駅からバスで7分

料金 無料

見学・所要時間 5分

周辺のスポット情報