千栗土居公園の二千年ハス

チリクドイコウエンノニセンネンハス

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

植物

佐賀県|三養基郡みやき町

千栗土居公園は3000坪の敷地内に約9700平米の蓮池があります。 その蓮池の南側約200平米の池で、可憐な可愛い品種の「二千年ハス(大賀ハス)」と「舞妃蓮」が毎年6月下旬から8月初旬にかけて開花します。 大賀ハスは、昭和26年(1951)3月30日 千葉市内の東京帝大検見川厚生農場の泥炭層から発見されました。発見者は植物学者・大賀一郎博士で、発見された3粒実のうち1粒の発芽に成功、翌年7月18日に見事に大輪の花を咲かせました。ハスは博士の姓を採って「大賀ハス」と名づけられました。 みやき町では多久市の聖光寺より種を譲り受け育てましたので、聖光寺での呼称「二千年ハス」を使用しています。 見頃は早朝の開花時、ピンクの花弁がとても美しいです。つぼみの頃は濃いピンクの花弁が開花が進むごとに薄桃色に変化します。開花は約4日間ほどで、4日目の午前中ではらはらと花弁を散らします。千栗土居公園のハスより早く開花の時期を迎えます。

基本情報

所在地 佐賀県三養基郡みやき町
問合せ先 みやき町観光協会
〒849-0113 佐賀県三養基郡みやき町大字東尾737-5
TEL 0942-96-4208
FAX 0942-89-1650
ホームページ http://www.miyakikankou.jp/main/4651.html
メールアドレス info@miyakikankou.jp

見学・所要時間 30分