真手野の舞浮立

マテノノマイブリュウ

郷土芸能

佐賀県|武雄市

第26代武雄領主鍋島茂明が、江戸参勤のため三州岡崎を通った際、その土地の踊りを観て大変気に入り、わざわざ家来を岡崎に差し向け伝授されたのが今日の武雄の浮立となっている。舞浮立の演目は、一般に三十三囃子といわれ、東真手野の記録に残る演目としては、「討入り」や「詰太鼓」と呼ばれる戦いの場面を思わせる勇壮な気迫に満ちたものや、「岡崎」、「江戸」と呼ばれる徳川家康ゆかりの地名のついた曲もある。6年に一度武内町の招魂祭で全体奉納される。

基本情報

所在地 佐賀県武雄市武内町東真手野
問合せ先 武雄市営業部商工観光課
〒843-8639 佐賀県武雄市武雄町大字昭和12-10
TEL 0954-23-9237
FAX 0954-23-3816
ホームページ http://www.city.takeo.lg.jp/

文化財 ・都道府県指定重要無形民俗文化財

保存者 真手野舞浮立保存会
開催地 武内町大字真手野
武内神社

周辺のスポット情報