武雄温泉楼門

タケオオンセンロウモン

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

歴史的建造物

佐賀県|武雄市

武雄温泉のシンボルともいえる楼門は、竜宮城を連想させる鮮やかな色彩と形で、天平式楼門と呼ばれ、釘を1本も使用していない建築物である。東京駅を設計した辰野金吾の設計で大正4年に完成した。

基本情報

所在地 〒843-0022 佐賀県武雄市武雄町大字武雄7425
TEL 0954-23-2001
FAX 0954-23-9205
問合せ先 武雄温泉(株)
〒843-0022 佐賀県武雄市武雄町大字武雄7425
TEL 0954-23-2001
FAX 0954-23-9205
ホームページ http://www.takeo-kk.net/

アクセス ・武雄温泉駅から徒歩で15分

見学・所要時間 10分

文化財 ・国重要文化財

建築年代1 大正3年

周辺のスポット情報