お火たき大祭

オヒタキタイサイ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

行・祭事

岡山県|岡山市北区

点火式は約300人、両日で約2万人の参拝客が訪れます。報恩大師が孝謙 桓武両帝のご病気平癒を祈願されて、大願叶った護符に対して最上尊の御宝前で感謝の祈りを捧げました。すると護符が香の煙と共に消えたという故事に基づく最上稲荷特有の伝承行事で、3大祭典の一つです。境内に特設された護摩壇には昨年授与された御札が山と積まれています。一年間、家内安全など家族を守り諸願を叶えた御札に感謝を込めてのおたきあげが、一日目午前6時の点火式より二日に亘って行われます。この炎にあたると一年を無病息災で過ごせるとの言い伝えがあります。この日は特別に「火難除札」が授与されます。

基本情報

所在地 〒701-1331 岡山県岡山市北区高松稲荷712 
問合せ先 最上稲荷
TEL 086-287-3700
ホームページ http://www.inari.ne.jp/

営業期間 開催
2017年12月9日〜2017年12月10日 12月第ニ日曜日とその前日

アクセス ・岡山道岡山総社ICから車で10分5Km

開催地 最上稲荷

周辺のスポット情報