江別神社

エベツジンジャ

北海道|江別市萩ヶ岡1

明治18年、熊本県より移住した屯田兵の守護神として加藤清正公をお祀りしたのが始まり。その後、明治24年に出雲大社より大國主大神を奉戴、大正4年に伊勢神宮より天照大御神の御分霊を戴き主祭神としてお祀りしています。

掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。お出かけ前にはお問い合わせ先へご確認ください。

日の出の時間について
日の出の時間は、太陽の昇る方向に山などの障害物があれば遅くなり、また、標高の高い山などから見る場合は、早くなります。以上のことから、日の出時間はおでかけの目安としてお考え下さい。
詳細は、http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KOHO/hatsuhi/ (海上保安庁海洋情報部)のHPなどにあります。

基本情報

アクセス(鉄道) JR江別駅から徒歩約3分
アクセス(車) 道央道江別東ICから約10分
交通注意事項 駐車場や周辺道路など大変混雑するので公共交通機関の利用を勧めている
駐車場は15台程度
駐車場 無料
問い合せ先 江別神社 011-382-2201
例年の人出 1.2万人
ご利益 五穀豊穣・縁結び
時間 常時開放(通常9:00~17:00) お札やお守りを領布する授与所は、大晦日から元旦にかけては夜通し、元旦は21:00まで、2・3日は18:00まで開けています。
料金 無料

周辺の初詣スポット情報

  • 周辺のスポットがありません。

周辺のスポット情報