【東京都】迎賓館赤坂離宮 「没後100年 渡辺省亭特別展」について

2018.07.13
【日本観光振興協会】
迎賓館よりお知らせ


 渡辺省亭没後100年に当たる本年、迎賓館赤坂離宮では、8月31日(金)から10月9日(火)までの間、「没後100年 渡辺省亭特別展」を開催いたします。
 渡辺省亭は、花鳥画を得意とした日本画家で迎賓館赤坂離宮の「花鳥の間」に飾られている30枚の七宝焼の下絵の作者です。 
 本展では、「花鳥の間」の30枚の七宝焼すべてを間近でご覧いただけるよう、窓際近くまで参観スペースを拡張しています。また、明治期の重要な輸出品であった七宝焼の魅力をご堪能いただけるよう、七宝焼の解説リーフレットを本展のためにご用意しております。
 また、この特別展にあわせて、9月22日(土)から24日(祝・月)には、夜間公開(18時から本館ライトアップ)を実施します。
 是非、この機会にお誘い合わせの上、迎賓館をご参観ください。
  【注】この特別展の期間中は、参観料が通常料金と異なりますので、ご注意ください。

 詳しくは迎賓館HPをご覧ください。