名古屋城本丸御殿が6月8日完成公開されます。

2018.05.11
【日本観光振興協会】

名古屋城本丸御殿は、尾張藩主の住まいとして徳川家康の命により慶長20年(1615)に建てられました。

昭和5年に国宝に指定されましたが、昭和20年(1945)の空襲で天守閣とともに建物の大部分が焼失してしまいました。

名古屋市では、10年にわたり本丸御殿の復元工事を進めてきましたが、平成30年6月8日、いよいよ完成公開を迎えます。

すでに公開されている「玄関・表書院」「対面所・下御膳所」に加え、最も絢爛豪華な「上洛殿」や将軍専用の風呂である「湯殿書院」等が新たに公開されます。

在りし日の姿が蘇った近世城郭御殿の最高傑作を、ぜひご覧になってください!


本丸御殿ホームページ