史跡雷神山古墳

シセキライジンヤマコフン

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

史跡

宮城県|名取市

東北最大規模の前方後円墳として知られる雷神山古墳は、主軸168m、後円部径96m・高さ12m、前方部長さ72m・前端幅96m・高さ6mの3段築成で、葺石(ふきいし)を伴っています。

基本情報

所在地 〒981-1226 宮城県名取市植松字山
問合せ先 名取市文化・スポーツ課
TEL 022-384-2111

アクセス ・東北本線・常磐線名取駅からバスで10分
・仙台東部道路仙台空港ICから車で10分

文化財 ・国重要文化財:建築時代:古墳前期、文化財指定年月:1956年12月28日

周辺のスポット情報